高校生鉄道模型コンテスト5

こんばんは、7月も下旬で世の高校生の方はもう夏休みだと浮かれていて非常に羨ましいものです。
というのも、高専生はテストまで残り一週間ほどという非常に厳しい状況に立たされております。学生の間には危機感が漂って...いるのか?

会の活動も試験期間に入れば当然できないので、今回が試験前最後の更新ですね。

前回では真っ白で雪景色を表現したかのようなジオラマですが、この上に直接カラーパウダーを撒くと白い地面に草が生えているというなんともSFチックな異世界が完成してしまうのでまずは下地として土の色を塗りました。
(余談ですが真夏の展示で雪景色のジオラマ展示するのも悪くないですね)

画像


本を参考にしつつ塗ってみたわけですが、うーんどうもうまく行ってない気が。これ土じゃなくて油絵だろ...と思いつつ作業を続けていましたが別にこれをそのまま見える形で展示するわけではないので大丈夫とのこと。
ちなみにセンターに通っている謎の黒いテープで覆われた部分は...

画像


線路でした。ジオラマというのは”列車が走れること”というのが大前提ですので、間違っても線路に塗料がついて通電しなかったりするという事態は避けなければなりません。それをやらかした場合もれなくヤスリで塗料のついた線路磨きをしながら精神を削ることに。
他に線路の問題としてはバラストの敷き過ぎなどもあります。通電不良なら止まるだけで済みますがバラスト敷き過ぎの場合は最悪の場合脱線事故へと繋がる恐れがあります。
さらに余談としては建築限界も考えて作りたいですね、以前に線路脇に立てた電柱が列車に当たってしまったことがありました。
その後、バラストを敷くためのボンド水を作ったり。

画像


おしるこじゃないです、ボンド水です。水+ボンド+秘伝の比率の絵の具を混ぜあわせた当会特製のバラスト用ボンド水です。

実はこの後の完成図とかの写真があったらよかったのですが僕が体調不良でとっとと帰ってしまったため下準備の画像しか無い残念なことに。テストまではもう活動できないので、次の更新はテスト後ですね。

弧廻手形(銚子電鉄)でゆる鉄

(寝るまでが今日です。)

こんばんは。6月も残りわずかとなりました。
高専では中間試験後のゆるい空気が漂っていますが、5年生にとっては進学・就職本番、4年生の私にとっては本番1年前を切った大事な時期でもあります。

さて、本日(28日)は、OBとの共同イベントで銚子へ行ってきました。
シンプルに銚子を満喫するための旅です。
銚子までの往復は「房総料金回数券」という特急券を使い、銚子電鉄では「弧廻手形」という一日乗車券を使用…。
学生のお財布には厳しい企画となったようで、企画者の思惑…いえ、予想通り本科学生の参加は10人中2人でした。


(JR車の画像はスペースの関係上、割愛させていただきます)
東京駅から2時間弱、銚子駅に着いた一行は最初に昼食をとることにしました。
銚子ですので昼食はもちろん、海鮮ものです。
画像

〈銚子駅から徒歩7分、あづま寿司〉
ちなみに私は、今日のおすすめ「地魚づけ丼」を頂きました。
国語・表現力のない高専生で申し訳ないですが、本当においしかったです!


腹ごしらえが済んだら、銚子電鉄に乗車です。

画像

銚子電鉄の乗り場はJRのホーム先端。
写真の建物…待合室を抜けると、、

画像

緑色の電車…2000形がいました。
乗車券は乗務員さんから購入します(右)。

10名という集団はこの電車では珍しいらしく、案の定「団体客さん」という言葉が耳に入って来ました。

ガタンゴトン…小さな電車に揺られること20分、あっという間(?)に終点の外川駅に到着。
画像

「団体客さん」の10名は思い思いに駅舎や電車、猫を撮影していました。

そして折り返しの電車に乗って、今度は犬吠埼灯台へ。


画像

白いポスト…。
余談ですが、犬吠埼灯台は今年で点灯140周年だそうですよ。

画像

展望台からの見晴しです。
残念ながら天気は曇りですが、それでも水平線ははっきりと見られました。

展望台に昇った後は、展示室も、、


\でーん/
画像

これは沖ノ島の灯台に使われていた、第1等レンズだそうです。
これで2.65トンもあるというのだから驚きです。
どうやって灯台の上に据え付けるのでしょう。。キニナル。


ネタ記念撮影を終え、駅へ戻ろうとした一行はあることに気づきました。
そうです、「次の列車まで1時間ある」のです。

というわけで、恒例の浜辺へ。

…残念なことに一行が降り立った犬吠埼の南側は、鬼の洗濯板のような岩浜でした。
画像

↑砂浜ではないことに肩を落とす会員たちの図。
(なぜ残念なのか、それは去年12月の江の島横須賀の記事を見ていただければわかるかと思います。)

少し消化不良ながらも海を満喫し、犬吠駅へ戻りました。
列車が来るまでの間、「団体客さん」10名は各々にお土産を購入。
手提げ袋を抱えて列車に乗り込み、仲ノ町駅を目指します。
画像

写真:建設部部長さんが、建設部のゆるキャラ「ていもくん」とメッセージを駅ノートに残していきました。


本日の旅最後の見どころ、仲ノ町駅です。
画像

ここで入場券を購入し、線路の対岸へ。
そう…

車庫見学です。
画像


ここでは現役の車両を、ほんとうに間近で見ることが出来ます!
画像

一番端には銚子電鉄のマスコット的存在、デキさんもいました。
気軽に、そして間近に電車を見られるのは、地方の鉄道でもなかなか無いのでは??

車庫見学も終え、会員たちは醤油の空気を感じながら帰路に就くのでした…。

以上、観光鉄分と、限られた時間の中で銚子を満喫できた一日でした。



ゆったりとした時の流れと、
 「ガタン、ゴトン」
絵に描いたような電車のリズム。

画像

皆さんも銚子電鉄に乗ってみてはいかがでしょうか。

今ならまだ、線路際に紫陽花が咲いていますよ…

高校生鉄道模型コンテスト4

こんにちは。
画像

まず、機関車の修理をおこないました。
旧製品で持ち帰って、動力の中につまったホコリをとって、組み上げたら何故か動かなかったり、ライトがつかなかったりしたので、先輩方に手伝ってもらいましたが直らず…。

動力台車のバネが曲がっていたので後日買って再チャレンジです。

画像


この日の作業は固まったプラスターの仕上げです。
凸凹したところをカッターで削ったり、ヤスリを使って整えました。
ズボンが粉まみれになってしまいましたが…。

ご観覧ありがとうございました。

高校生鉄道模型コンテスト3

画像

こんにちは。
今日は高校生鉄道模型コンテストの作業を行いました。
前と変化はあまりありませんが、プラスターを使って、地形を整えました。
これでプラスターの作業は一応終了のことです。

画像

市販のストラクチャーに見えますが、自作です。
しかも厚紙でこのクオリティー!
画像

カッターで切って塗装を行い、組み立てています。
まだ家は一軒しかたってないので、これから増やしていきます。

ご観覧ありがとうございました。

高専祭への準備

こんにちは。
高専では今年度一回目、前期中間試験が終わり当会では高専祭に向けての準備を進めています。二週間ほどテストで何もできていなかったので、とりあえずは今後の予定を話し合いました。

=NO PICTURE=

その後は各自で高専祭・鉄道模型コンテストへの準備をしました。

画像


レールを敷き模型の動作をチェックしたり

画像


モーター車のDCC化の準備をしたり

これからは各イベントに向けてネタを考えるよりかは具体的な話をしたり実際に作業をしたりという活動になるかと思います。
製作の様子は随時こちらで紹介する予定です。

鉄道模型コンテスト製作2

5月最後の活動となりました.
本日はタイトルに有る通り,鉄道模型コンテストの
前期中間試験前のまとめをやる予定でしたが・・・

鉄道模型コンテスト主要要員が誰一人集まらない事態に・・・

わたしがたまたま,おとどけいきゅう鮫洲店で衝動買いした,
Bトレインショーを組み立てることに.
画像

組み立てたのは↑です.
つい最近発売されました.

組み立てること1時間・・・
画像

なんとか形にすることに成功しました.
台車をハメるには,情報系の学生には超高度な加工が
必要な構造となっており,文房具としてパソコンしか持ち合わせていない私は
とても苦労しましたヽ(´Д`;)ノ

とりあえず,台車とモーターをポチったので,
電気で動くようになりましたらまた報告したいと思います.

次の活動は6/11(水)以降となりそうです.
前期中間試験がある学生は頑張ってください.
またこんど!



おまけ
画像

2作目の高校生コンテストモジュールの風車を破壊した
運輸部長

鉄道模型コンテスト製作1

5月も残すところ,あと1週間程度となりましたね.
そんな私は今,自然言語処理のレポートに追われているところです.

さて,今日も活動を行いましたので,その様子をお届けいたします.
本日は主に鉄道模型コンテストに向けたジオラマの制作を行いました.

画像

私が活動場所に到着した時には,白いものをぶちまけ,
ジオラマの基礎づくり作業?が完了してました.

画像

今日の作業は,この実験指導書ならぬ,作業手順書にしたがって
制作を進めた模様です.

果たしてどんなジオラマになることやら・・・.


ちなみに高専ではまもなく前期中間試験が始まるようです.
私も本日はデータ構造のテストがあるらしいです/(^o^)\

次の水曜日が前期中間試験前の最後の活動になります.
次回の様子もゆる~くお届けできたらなと思っております.